うつ病を治療するには│休養と周りのサポートが重要

メンズ

時間をかけて治療を

カウンセリング

うつ病は薬を飲んですぐに治るという病気ではなく、時間をかけて治療して少しずつ回復していくことが重要です。回復しても、また悪化する恐れがあるのでうつ病を治療するためにも、治療方法について知っておくようにしましょう。うつ病と診断されてからは、休養をとって体と心を休めます。心と体の状態が悪いままでは治療の効果はないので、学校や仕事は休まないといけません。休養をとりながら抗うつ薬による薬物治療を行ない、イラつくことや不安によるストレスを抑えます。抗うつ薬の効果が現れるのは個人差があるため、3ヶ月で効果がある人や半年以上かかる場合もあるのです。

休養をとって徐々に回復してくると、患者さん自身で治ったと思い込むことが多いです。治ったと思い薬の服用を止めてしまうと、悪化する恐れがあります。医師から服用しなくてもいいといわれるまでは、服用を続けないといけません。ある程度回復すると、仕事をしないといけないと思い無理に職場復帰しようとします。ですが、完治していない状態では前と同じように働くことは難しいです。焦ってミスをしてしまい、それがストレスとなって治りかけていたうつ病を再発してしまいます。この時期は精神的に余裕がでても、無理をせずに前の生活リズムを取り戻すようにしてください。

薬物治療と休養だけでなく、生活リズムを取り戻すためにも自分にできることから始めるようにしましょう。うつ病になると睡眠障害に陥ることが多く、睡眠時間が不規則になります。元の生活に戻すために、昼型の生活を意識して眠る時間を調節してください。いきなり戻すとかえって体に悪いため、自分の体調に合わせて無理のないように戻すことが重要です。次に食事ですが、できるだけ食事をとる時間のリズムも整えるようにします。決まった時間に食事をとることも生活リズムを取り戻すために重要です。1日3食とることが大切ですが、最初は決まった時間に1食食べて、そこから2食と回数を増やしていきます。食事の量も最初は食べられる量だけで大丈夫です。大切なことは、食べる量ではなく以前のような食生活に戻すことが最優先です。うつ病の治療は、このように時間をかけて行なう必要があるのです。焦ってしまうと逆に時間がかかりそれが原因で更に悪化します。治療のためにも、時間をかけて治していく必要があることを知り、どのようなことに注意すればいいのか調べておきましょう。