うつ病を治療するには│休養と周りのサポートが重要

メンズ

うつ病の再発を防ぐ

男性

完全にうつ病を克服することは難しく、治療をしても再発する可能性は高いです。再発を防いで治療するためには、再発防止を心掛けて治療を受けましょう。うつ病を発症した患者さんは、うつ病は再発しやすい病気ということを認識してください。再発した際に、気に病んでしまい診察を受けた当時よりも悪化する恐れがあります。前もって再発しやすいということを知っていれば、深く落ち込まないようになります。心構えをしておくことで、心の負担を軽くしておきましょう。次に、休養する時に気をつけたことや症状が悪化した時にどのようなことが起きたのかメモしておいてください。悪化した際に休養時に気を付けた点に注意すれば、前よりも早く改善することができるからです。また、症状が悪化した時の状況を知っておくことで、早めに察知して再発を予防できます。再発することも知っておいて、そのことに備えておくことが再発を予防するために重要なことです。

治療に成功しても、またうつ病を再発する恐れがあるので発症する原因について知る必要があります。うつ病の原因として1番多いのはストレスです。仕事でのストレスや人間関係によるストレスが、精神に負担をかけてそれが原因で発症してしまうことが多いです。また、辛いことや悲しいことだけでなく嬉しいことが原因でストレスを感じる場合もあります。仕事で昇進したり、好きな人と結婚したりすることは、今後のプレッシャーや責任によってストレスを感じてしまうでしょう。ストレス以外には、脳の不調が原因でうつ病になることがあります。脳には意欲関心や気分に必要な神経伝達物質があり、脳に不調があるとこれらが生成されません。他にも、脳への血液の流れが悪くなってしまいそれが原因で発症してしまうのです。ストレスを溜めないようにして、血液の流れを良くして健康でいることがうつ病の治療と再発予防に効果があります。

真面目な性格をしている人は、うつ病を発症しやすいといわれています。仕事に一生懸命に取り組むあまり、無理をしてしまうことが多いです。責任感が強く自分で何とかしないと思い込んで仕事をしても、疲労が溜まってしまい体に必要な休養をとることができません。疲労が溜まった状態では仕事も上手くいかず、それによってストレスを感じるようになります。真面目な性格の人は、うつ病を治療しても再発する恐れがあるので気をつけてください。再発を防ぐためには、考え方を変えることも必要です。真面目な性格は大切ですが、何でも一人で抱え込もうとせずに肩の力を抜くようにしましょう。