うつ病を治療するには│休養と周りのサポートが重要

メンズ

周りのサポートが必要

葉っぱ

家族や友人がうつ病を発症した際は、治療のために周りの協力が必要になります。うつ病の人に接する時は、励ますような発言はしないように注意してください。うつ病の患者さんが誰よりも治したいと思っていますが、どうしても治すことができなくて困っています。そのため、励ますような発言をすると相手にプレッシャーを与えてしまうのです。他にも、何故発症したのか責めてはいけません。脳機能が低下している状態では、上手く返答することができないのでそれもプレッシャーに思ってしまうでしょう。うつ病は性格が弱いから発症してしまうというイメージが強いため、自分の性格が弱いことが原因だと思い込みます。ですから、うつ病の人を責めるような発言は控えることが治療に大切なことです。

うつ病を発症した場合に治療のために休養をとるので、自宅にいることがほとんどです。その際に、家族は必要以上に気持ちを押し付けたり、気を遣ったりしてはいけません。うつ病の患者さんは気を遣われてしまうと、自分のせいで迷惑をかけてしまったと思い込みます。そうなると、家にいてもストレスを感じしまうので改善できないです。うつ病だからといって気を遣い過ぎずに、ストレスを与えないようにしてください。また、発症すると自分で何かを考えることや決めることもストレスになるのです。食事で食べたい料理を尋ねることも、負担になるので聞かないようにしましょう。家族にうつ病を患ってしまった人がいると、自分を責めてしまいそれが原因でうつ病を発症する可能性もあります。共倒れになってはいけないですから自分を責めないようにして、きちんと受け止めることが大切です。

職場の同僚や部下がうつ病を発症した、治療中の人がいる場合は周りも協力することが大切です。その人が担当している業務を、他の人に協力してもらい分担します。うつ病を治療している状態では、以前のように業務をこなすことは難しいです。それが原因でストレスを感じるので、負担にならないように仕事量を少なくしたり周りの人がサポートしたりしてください。周りの人は、うつ病の人の仕事を確認しておくようにしましょう。脳の機能が低下しているので、集中力や記憶力も低下しています。そのため、業務の報告や連絡をすることを忘れる恐れがあるのです。うつ病の症状が引き起こすミスですから、責めずに周りが仕事内容をチェックしておくことが大切です。自分には関係ないと思わず、周りがサポートすることでうつ病の人の治療を行ないながら業務に集中できるようにしましょう。