うつ病を治療するには│休養と周りのサポートが重要

心が笑えばすべてが良くなる
悩む人

うつ病と診断する基準

うつ病は精神だけでなく体にも様々な影響を及ぼす症状で、やる気をなくしたり体重が変化したりします。治療するためにもうつ病と診断される基準を知ることが重要ですし、家族に協力してもらい一緒に診察を受けましょう。

View Detail

カウンセリング

時間をかけて治療を

うつ病の治療は時間をかけて徐々に治していかないと、すぐに再発することがあるので時間をかけて正しい治療を行なうようにします。最初は体と心を休ませながら薬を服用していき、ある程度回復しても、仕事をせずに生活リズムを取り戻すことが大切です。

View Detail

うつ病の人は増えている

ドクター

うつ病とは、心に必要なエネルギーが減少してしまう病気です。ミスをした時に人は落ち込んでしまいますが、反省して立ち直ります。ですが、うつ病を発症してしまうと反省しても、そこから立ち直ることができず落ち込んだままです。気持ちが落ち込んだままでは、食欲や睡眠などにも影響があり様々な症状が起こるでしょう。詳しい原因はまだはっきりとしていませんが、ストレスが関わっているといわれています。ストレスを抱え込むことで、脳の働きに必要なセロトニンという神経伝達物質が分泌されません。セロトニンは精神を落ち着かせる働きがありますが、ストレスを溜めすぎてしまうと分泌量が減少するのです。それによって、精神的に落ち着かなくなって悪い方向へ考えるようになります。すぐに治療しないと悪化するので気をつけてください。

うつ病は年配の人達がなる病気といわれていましたが、最近では子供や若い世代の人達も発症することがあります。子供の場合は親の転勤のせいで何度も転校してしまい、友達ができずに孤立するという悩みを抱えることがあるのです。また、クラスメイトから虐められてもそれを相談することができずに、抱え込むようになってうつ病になることも多いです。学生の場合は受験前のプレッシャーで自分を追い詰めたり、友達と比べて成績が伸びないことに悩んだりすることが原因です。女性の場合は結婚前に感じる不安が原因の婚前うつ病、出産後と育児による不安が原因のマタニティーブルーと産後うつ病があります。結婚に対する不安には個人差がありますが、悩み過ぎて発症する可能性が高いです。産後はホルモンバランスを崩すことが多く、体と心の状態が乱れてしまいます。また、慣れない育児によるストレスで子供を育てることができるのか悩む女性も多いです。このような様々な要因でうつ病を発症することがあるので、年々うつ病で悩んでいる人は増加しています。うつ病を治療、予防するためには情報を集めることが大切です。何が原因で発症するのか、治療するためには何に気をつければいいのかという情報を集めてください。そうすれば早期発見して治療ができますし、周りにうつ病の人がいればサポートすることが可能です。

男性

うつ病の再発を防ぐ

うつ病の治療に成功しても再発する恐れがあるため、自分でできる再発予防を行なう必要があります。うつ病は再発しやすい病気だという心構えをしておくことで、再発しても落ち込まないようにすることができます。

View Detail

葉っぱ

周りのサポートが必要

うつ病の治療を行なうためには薬物治療や休養だけでなく、家族や職場のサポートが重要になります。家族は家の中でストレスを感じさせないように接して、職場の人達は業務を手伝うなどのサポートをしてください。

View Detail

相談

放置すると危ないうつ病

うつ病は自覚しにくい病気ですから放置してしまいますが、早めに治療しないとどんどん悪化してしまいます。内臓系の疾患を患ったり睡眠障害を引き起こしたりするだけでなく、自分の命を軽く見てしまう恐れがあります。

View Detail